Hot Ranking

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

賃貸マンションを借りる時の教え

賃貸物件の種類について

賃貸物件を選択する際に、一体どの様な種類があるでしょうか。恐らく皆さんがパッと思いつくのがアパートだと思います。でもそんな事はありません。アパートの他にマンションやメゾネットと言う物もあります。それぞれについて説明をして行きます。先ずは皆さんが一番に思いつくアパートです。アパートとは、実はマンションとの明確な違いは難しいのですが、一般的には造りが木造や軽量鉄骨造の準耐火構造となっており、フロア数は2階建て?5階建てが多く、構造上、高層住宅ではありません。そして建築費が安く建てられるので賃料は安めとなっており、元々はエレベーターがなく、管理人もいない場合が多く管理費が安い形態の建物を指します。

次にマンションですが、マンションと聞くと賃貸ではなく購入する物ではないかと言う印象があるかと思いますが、そんな事はありません。ちなみにマンションとは鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリート造の耐火構造で作られており、アパートよりも高層住宅で建てられています。そして遮音性が高く、高級感があります。また建築費もかかるので、賃料はアパートより高めに設定されていて、エレベータが付いていたり管理人がいる場合も多く、アパートに比べると管理費が高めに設定されている物を言います。

最後に皆さんはメゾネットと言う言葉を聞いた事はありますでしょうか。このメゾネットタイプとは、住戸内が2階層以上に分かれているもので、壁を挟んで複層住戸になっている物を指します。見た目で言いますと、小さめの二階建ての家が壁を挟んで2つくっ付いている感じです。集合住宅において、通常の「フラットタイプ」に対する用語として使われるので、一戸建て住宅はメゾネットに該当しません。また、賃貸アパートでよく見られる「ロフト」とも異なりややアパートっぽくもありながら、2階建ての一戸建て住宅のような構造を取り入れています。海外では以前から導入されていますが、日本ではまだ供給数の割合はさほど多くないので、物件としての希少性はあると思います。

住まいの様々な疑問を解消