Hot Ranking

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

賃貸マンションを借りる時の教え

田舎の畑に賃貸マンションが乱立

地方の片田舎に嫁に来て三十年が過ぎた。電車もバスも通っていなくて車がなくてはとても生活できないようなそんな場所だった。でも何より捨てがたいのどかな景色とおいしい空気に包まれ子育てもそれなりに充実し楽しかった。でも周りの農家の方たちのほとんどが高齢者でこの先このあたりはどうなっていくのだろうという漠然とした思いはその頃からあったような気がする。

その思いは十年経った頃から少しずつ現実味を帯びてくる。高齢者が亡くなったあとの土地を相続した子息たちがそれを売りに出し始めたのだ。子供に田畑を継がせている家などほとんどなく都会で働く子供たちにとっては維持するだけで税金まで発生するものより売ってお金にする方が手っ取り早いのだろう。田舎の田畑なんて安いものだけれど不動産屋に売って宅地化されると何倍もの値段に膨れ上がる。不動産屋にとってはあの手この手を使って家の周辺をうろうろしている。

年金の少ない老人も不動産屋のターゲットとなり本当にあっさりと田畑を売ってしまう。そんなこんなでうちの家の周りは賃貸アパートだらけとなった。ここは田舎?田舎の地方都市?どっちかわからないようなこの感覚・・・寄せ集めのようなアパートの乱立は確実に風景を乱しているようでならない。

住まいの様々な疑問を解消